2008年10月28日

東京湾岸警察署【東京都】

もちろんあのドラマや映画とは無関係です。

DSC01110_R.jpg

DSC01111_R.jpg

船の科学館 羊蹄丸のすぐ近くにあります。不審者に思われたくないので、パパッと撮影してダッシュで逃げました。(完全に不審者?)

タグ:東京都
posted by ABBKBB at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

船の科学館【東京都】

DSC01026_R.jpg

オットォ!(・o・ノ)ノ本館のことを忘れてました。

珍(B級)スポットの「宗谷」「羊蹄丸」を見るにはコチラで入館料600円を払わないといけません。えっ600円!?ホームページには700円と書いてあるはずですが・・・
トップページの右隅をクリックして表示された優待券をプリントアウトして受付に持っていけば100円引きになりますよ♪ 

DSC00892_R.jpg

正統派の博物館です。

でも・・・

DSC00907_R.jpg

エントランスが無駄にゴージャス!

DSC00904_R.jpg

DSC00902_R.jpg

よりによってなんでそんなマネキンをチョイスしたのか?

2008年10月26日

船の科学館 青函連絡船 羊蹄丸【東京都】

DSC00914_R.jpg

DSC01039_R.jpg

「羊蹄丸」を知っていますか?
ハイ、知っています♪珍スポットで有名なところです・・・(。_゜☆\ バキ!!

「宗谷」に続き「青函連絡船 羊蹄丸」の見学です♪

DSC01047_R.jpg

船長ロボ(名前はヒゲ船長)が不気味な動きで船の説明をしてくれます。

DSC01048_R.jpg

エスカレータを降り、いよいよ青函ワールドへ突撃!
上野発の夜行列車降りたときから〜♪の世界が目の前に繰り広げられてます。「津軽海峡冬景色(by 石川さゆり)」が頭の中でリフレイン

DSC01054_R.jpg

DSC01060_R.jpg

ドヨ〜ンな雰囲気・・・音声が無かったら、即効退散したい気分になります。

DSC01067_R.jpg

彼ら(マネキン)にはそれぞれドラマがあります。

DSC01081_R.jpg

お嬢ちゃんは、仕事で函館に居るお父ちゃんに会いに行くそうです( ;∀;)

DSC01085_R.jpg

寝ているサチコさん

DSC01076_R.jpg

DSC01075_R.jpg

もちろんトライしました。お、重い・・・

DSC01089_R.jpg

DSC01093_R.jpg

DSC01099_R.jpg

り、リアルすぎる・・・い、いかん、涙が・・・

DSC01101_R.jpg

とどめの一撃。「蛍の光」の大合唱で。・゚・(ノД`)・゚・。

2008年10月25日

船の科学館 南極観測船 宗谷【東京都】

DSC00889_R.jpg

出張2日目の空き時間にお台場に行きました。ゆりかもめに乗って
お台場なんて何年振りでしょう( ´ー`)フゥー...

この前来た時はフジテレビに行ったっけ。今回もまた行ってみようかな・・・そんなおしゃれスポットに興味はございません。目指すはココ「船の科学館」 。「宗谷」と「羊蹄丸」見学でございます。まずは、南極観測船 宗谷

DSC01030_R.jpg

DSC01034_R.jpg

神々しいお姿に「地上の星(中島みゆき)」が頭の中でリフレイン♪

おわっΣ(゚Д゚;)

DSC00917_R.jpg

船内に入るといきなりコレ(艦長?)がお出迎え。あれ?このマネキン、以前は外に向かって座ってませんでしたか? ヘリの模型を机の上に置いたので、仕方なくこっちを向かせたようです。

bw_uploads_lrOR6F9S.jpg

それにしても、なんかムチャクチャ不気味なんですけど・・・昼間でコレですから夜なんか・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

さて「宗谷」ですが詳しいことは「日本珍スポット100景」などを参考にしてくださいませ。

治療室(簡単な手術ができたそうです)

DSC01002_R.jpg

アイスクリームフリーザー

DSC00980_R.jpg 

ぬいぐるみがキュート

DSC00997_R.jpg

コレを見て泣きました。

DSC00942_R.jpg

空の状態でこの狭さ、航海時(乗組員130名+荷物満載)ではどうだったんでしょうか?

DSC00919_R.jpg

これを見たら、まわさずにはいられません。気分はキャプテンハーロック!

DSC01015_R.jpg

2008年10月24日

東京タワー【東京都】

DSC00800_R.jpg

東京タワー・・・実は初めて(*´д`* )

大展望台ですが登るのに820円かかります。高っ!その上の特別展望台に登るには更に600円必要です。ボッタクリ!?

滅多に来られませんから今回は奮発!でも大展望台まで・・・(;´▽`A``

浮いたお金はコチラの入館料へ♪有名珍(B級)スポット蝋人形館です!

DSC00844_R.jpg

DSC00846_R.jpg

内部の写真は、HPへのアップがNGなので載せてません。○┓ペコ

有名人やアンタ誰?な蝋人形が所狭しと飾られてました。特にジ○ヘン以降の蝋人形はアンタ誰?のオンパレードです。

DSC00857_R.jpg

高いだけあって眺めはサイコーでした♪

2008年10月21日

吉備津神社【岡山県】

DSC00758_R.jpg

吉備津彦神社近くの吉備津神社、ここは珍であってもB級ではございません。でも・・・
土産屋で鬼がアイスを売らされてたり(゚Д゚;)

DSC00754_R.jpg

やけに気合の入った看板が・・・

DSC00760_R.jpg

DSC00762_R.jpg

DSC00764_R.jpg

あくまで、こちらに来た目的は「御釜殿」の見学!あわよくば「鳴釜神事」とやらをぜひ見てみたい♪ネット情報では金曜日以外やっているみたいでしたが・・・

DSC00769_R.jpg

Σ(゜д゜;)ガーン

DSC00776_R.jpg

とりあえず椅子をパチリorz

朝5時30分に出発、帰宅したのが午後9時でした(*´д`* )

2008年10月20日

吉備津彦神社【岡山県】

DSC00745_R.jpg

今回の旅で一番見たかったものがココ「吉備津彦神社」にあります。えっ?「さざれ石の巌」なんかじゃないってば

DSC00736_R.jpg

DSC00742_R.jpg

駐車場に車を乗り入れると、それは運良くすぐ近くにありました♪
隅っこにポツンとたたずんでおります。あの桃太郎像が・・・

DSC00753_R.jpg

他の参拝者はみんな本殿や子安神社に向かって行くのですが、私一人だけ逆方向へ一目散!

DSC00726_R.jpg

い、いかん腹がよじれる〜ヾ(^▽^*

家来その1 サル(ビビリまくりのご様子)

DSC00722_R.jpg

家来その2 キジ(コレが一番マトモ?)

DSC00724_R.jpg

おまっとさんでした。家来その3 イヌ

め、、目が逝っちゃってます。なぜか少し半笑い

DSC00723_R.jpg

横から・・・痩せこけてます(´д` )

DSC00731_R.jpg

全体的に傷んでいる様子。神社では屋根の銅版の寄付を募っているようでしたが、この像のペンキ塗り替えの寄付なら気前良く出しますぞ♪

では最後に、もう一度

DSC00729_R.jpg

( ^∀^)

2008年10月19日

亀嵩駅【島根県】

DSC00283_R.jpg

”カメ”繋がりということで、コチラも紹介♪

今回の「温泉&珍(B級)スポット巡り in 岡山県」のルートではありませんが、「亀嵩(かめだけ)駅」です。松本清張の「砂の器」でとっても有名。

DSC00289_R.jpg

さて、駅の中の蕎麦屋へ昼食に言ったのですが、どこが珍だったか?というと・・・

DSC00286_R.jpg

駅の中の蕎麦屋というより、蕎麦屋の中の駅と言ったほうが適切です♪ この駅(蕎麦屋?)は、鉄道ファンには有名らしく、蕎麦屋(駅?)内には名物の手打ち蕎麦目当てのお客がたくさんいたのですが、鉄道利用者はゼロ。

完全に蕎麦屋メインで駅がサブでした。手打ち蕎麦はボリュームがあり、とても美味しかったです。値段も700円ぐらいでしたので大満足(都会だったら1000円するよね)

2008年10月18日

亀甲駅【岡山県】

DSC00718_R.jpg

予定には入れてなかった「亀甲(かめのこう)駅」、「つやま自然のふしぎ館」から次の目的地「吉備津彦神社」への道中、たまたま見つけたので寄ってみました。 駅舎がカメ!(−p■)q☆パシャッパシャ☆

ただそれだけ・・・なのですが、チョット気になるのぼりを発見! bw_uploads_DSC00718_R2.jpg

黄色で囲った部分ですが、拡大してみると

bw_uploads_lrOR6A.jpg

たまごかけごはん!?

観光客も駅の人に「たまごかけごはんの食堂は何処ですか?」と聞いてました。 たまごかけごはんは大好物。しかし「道の駅 久米の里」で昼食をすませてたので、スルーしたのですが帰ってから調べてみると、こんな記事が・・・

 「産経ニュース」より

岡山県美咲町出身で、明治時代を代表するジャーナリスト、岸田吟香(ぎんこう)(1833〜1905)にあやかった卵かけご飯の店「食堂・かめっち」が22日、同町原田の町中央運動公園内にオープンした。 近代に日本初の従軍記者として活躍し、数多くの先駆的な業績を残した岸田吟香。その吟香が、卵かけご飯を日本で初めて食べ、それを全国に広めたという説にあやかって、同町が出店した。

な、なにー!

ちゃんとリサーチしておくべきでしたorz

2008年10月17日

つやま自然のふしぎ館【岡山県】

DSC00711_R.jpg

DSC00666_R.jpg

珍(B級)スポット巡り in 岡山県 お次の珍スポットは、「つやま 自然のふしぎ館」。知るきっかけはもちろん「日本珍スポット100景」です○┓ペコ

入館料700円払って入ろうとすると受付の方から、「初めてですか?」「今日はどちらから?」「えっ!広島から?どうやってコチラを知られたのですか?」 と質問 「日本珍スポット100景でです」とは言えず、「ネットで紹介されてたので」と答えてしまいました。関係者に珍スポットと言うのはどうかな?と思ったもので・・・

でも、どう見ても珍スポットですココ、こんな博物館、他にはそうそうありません♪入るとすぐ、白熊くんの剥製がお出迎えしてくれます。

DSC00671_R.jpg

貴重な展示物が触れます。白熊を触ったのはもちろん初めてです。ゴワゴワかと思いきや柔らか〜い♪

DSC00670_R.jpg

遺言書!Σ(゚Д゚; 創設者の臓器のホルマリン漬けが展示されてます・・・

DSC00678_R.jpg

白熊とゾウアザラシのにらみ合い(ドドが仲裁?)

DSC00690_R.jpg

通路のパネルが思いっきり手作りです。

DSC00705_R.jpg

ハンザキ(オオサンショウウオ)の習性って結局何?

DSC00693_R.jpg

DSC00694_R.jpg

ここまで多いとチョット不気味・・・

DSC00699_R.jpg

大満足♪

2008年10月16日

道の駅 久米の里【岡山県】

DSC00642_R.jpg

さていよいよ、珍(B級)スポット巡り in 岡山県を開始♪

まずは、昼食休憩を兼ねて、地球と地域を衛る基地でお馴染み?の「道の駅 久米の里」にやってまいりました。ここには有名なアレがあります。

おっ!

DSC00659_R.jpg

おおっ!!

DSC00644_R.jpg

おおおっ!!

DSC00645_R.jpg

お〜〜〜っ!!!

DSC00665_R.jpg

感想も何もデカっ&カッコいい〜と言うほかありませんヽ(´ー`)ノ

えっ、これって個人作!?

しかも「こ、こいつ動くぞ」(アムロの台詞ですが・・・)

DSC00647_R.jpg

すごいぞ、中元正一氏!

DSC00654_R.jpg

名前は「久米の里ガンダム」というそうです♪

2008年10月15日

足温泉 足温泉館【岡山県】

DSC00636_R.jpg 

岡山県真庭市都喜足346−1/0867-62-2966
泉質   :アルカリ性単純温泉
設備   :内湯、露天風呂、ジェットバス
料金   :大人420円/小学生210円
営業時間:7:00〜22:00(受付〜21:00) 無休

今回の温泉&珍(B級)スポット巡り in 岡山県ですが、当初の計画だと温泉は「湯原温泉 砂湯」だけに入る予定でした。広島から砂湯まで約200キロ走ってみて、一カ所だけではなんだかもったいない気がしたので、走行中たまたま見かけた「足温泉」に入ってみました。

車一台通るのがやっとの橋を渡ると足(たる)温泉館に到着。4件ほど旅館がありますが内湯を持たず、こちらの施設に入るそうです。このシステムはあの「麻羅観音」でお馴染み?俵山温泉(山口県)と同じです。
泉質はアルカリ性単純温泉なのでヌルスベ系のはずですが、残念ながら全く感じられませんでした。

露天風呂は狭いですが、立てば川向こうに山並が見え、開放感も感じられます。たまたま独り占め状態だったので良し♪
ジェットバスがあったのはラッキーでした。長距離運転で肩と腰に張りを感じてたので・・・
シャンプー/ボディーソープは無料じゃなかったです。温泉巡りの際には、温泉セットを持参するので不便は無いのですが、あればなお良しかな。 

タグ:温泉 岡山県
posted by ABBKBB at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | おんせん(岡山県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

湯原温泉 砂湯【岡山県】

DSC00629_R.jpg

DSC00632_R.jpg 

岡山県真庭市湯原温泉
泉質    :アルカリ性単純温泉
設備    :露天風呂(混浴)
料金    :無料
営業時間:24時間(水曜、第一金曜は12:00〜) 無休

10月三連休の最終日、日帰りで岡山県温泉&珍(B級)スポット巡りを行いました。朝5時半に広島を出発(´0`)ゞファー、高速道路は節約のため使わず、途中道の駅で休憩を挟み約4時間後に到着です。

モザイクをかけるのが面倒なので、思いっきりヒキの分かりにくい写真ですが奥に小さく写っているのが「砂湯」

温泉巡りを始めてから、野湯&混浴に初挑戦です♪ 露天風呂番付西の横綱(東は群馬 宝川温泉)ですから、ココは遅かれ早かれ征服しなければと思っていましたが、私に欠けているものがあります。

DSC00623_R.jpg

野湯&混浴に入のに必要なもので私に欠けているものとは・・・小さな勇気と大きなチ○コ
勇気はあるのですが、チョッと○ンコが・・・(。_゜☆\ バキ!!

シモネタはさておき「砂湯」ですが、熱い順に長寿の湯、子宝の湯、美人の湯、と3つの湯船があります。アルカリ性温泉なのでヌルスベ系です。

「長寿の湯は熱くてムリ」という話も聞きましたが、時間によって温度が違うのでしょうか?「少し熱いかな」ぐらいでいい湯加減♪
さて期待に胸を膨らませて?入った露天混浴なのですが・・・残念ながら女性は事前の予想どおりゼロ!

看板の注意書きにあるように、水着禁止(タオル巻きはOK)なので、女性には敷居が高いですね。

DSC00614_R.jpg

入っている女性はゼロでしたが、ギャラリーはたくさんいました。いやはや、お恥ずかしいモノを晒してしまいました(/ω\)

タグ:温泉 岡山県
posted by ABBKBB at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | おんせん(岡山県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

匹見峡温泉 やすらぎの湯【島根県】

DSC00260_R.jpg

島根県益田市匹見町匹見/0856-56-1126
泉質    :内湯 単純弱放射能冷鉱泉(低張性弱アルカリ性冷鉱泉)、露天 単純弱放射能温泉(低張性弱アルカリ性低温泉)
設備    :シャンプー、ボディーソープ常備/内湯、露天風呂、薬湯
料金    :大人600円/小学生200円
営業時間:11:00〜21:00(受付〜20:30) 月曜休(不定)

広島から匹見峡へのルートといえば、中国地方一の酷道488号が挙げられます。でも運転がド下手なので「匹見峡温泉 やすらぎの湯」へ行ったときは、大人しく国道191号を選択しました(;´▽`A``

露天風呂と内湯で別の源泉というのは珍しいんじゃないでしょうか?あまり期待してなかったのですが、美又温泉ほどではないもののヌルヌルがしっかり感じられ好印象。床が滑りにくい材質のものを使っているので悪ガキ、もといお子様も安心して入れます。

館内のレストランで郷土料理の「うずめ飯」を食べましたが美味かったです。匹見峡は紅葉がキレイでしょうから、その時期になったら再訪したいですね♪

posted by ABBKBB at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | おんせん(島根県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

長門湯本温泉 湯本公衆浴場 恩湯【山口県】

DSC00379_R.jpg

山口県長門市深川湯本2265/0837-25-4507
泉質  :アルカリ性単純泉
設備  :シャンプー、ボディーソープ無し/内湯のみ
料金  :大人200円/小人100円
営業時間:6:00〜23:00(冬期6:30〜) 第一火曜休

小さな子供だと足が届かないぐらい深い湯船です。そのせいか、おこちゃま度も低いです。大人でも、お尻を付けて座るのはちょっと難しく、湯船の淵に肘を掛けて浸かるのがここの正式な入浴スタイルみたいです。

ぬるめのお湯、レトロな建物、有名温泉地なので大規模旅館も多いですが、そこそこ温泉地特有の鄙び感もあり、全てにおいてGood!
写真の下に露天風呂っぽいものが写ってますが、これは昔の共同洗濯場を復元したものです。
泉質はアルカリ性単純温泉ということですが、美又温泉ほどの強烈なヌルヌル感はなく、有福温泉のお湯と似ていると感じました。
有福温泉御前湯の建物を和風に、浴槽を深めに、そして温度を下げた感じと言えばよく分かるでしょうか。ん?良く分かりませんか?

posted by ABBKBB at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | おんせん(山口県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

木部谷温泉 松乃湯【島根県】

DSC00489_R.jpg

島根県鹿足郡吉賀町柿木村木部谷/0856-79-2617
泉質    :含二酸化炭素 ナトリウム 塩化物炭酸水素塩泉
設備    :石鹸常備/内湯のみ
料金    :大人400円/小学生まで150円
営業時間:7:30〜19:30 毎月6日、16日、26日休

俵山温泉麻羅観音楊貴妃の里と巡った今回の日帰り旅。締めは木部谷温泉 松乃湯【島根県】!ですが、その前に千畳敷を訪問♪

途中風力発電の風車に遭遇(でかっ)

DSC00470_R.jpg

いい眺め&心地よい風・・・来てよかった。

DSC00480_R.jpg

萩、津和野を経由し延々と車を走らせるとようやく到着♪
以前行ったとき、定休日(6のつく日)だとはつゆ知らず、代わりに「むいかいち温泉ゆ・ら・ら」に入湯したのですが、念願の木部谷温泉です。ヽ(´∀`*)ノ

DSC00493_R.jpg

誰もおらず貸し切り〜!フル○ン&あわてて写真を撮ったのがコチラ↑三瓶温泉・柿木温泉と同様茶色な湯です。浴槽は狭め
バルブを捻って源泉投入、スチームで温度調整することが出来ます。 

 DSC00499_R.jpg

DSC00517_R.jpg

入浴後に間歇泉ショーを堪能。25分おきにこの光景が見られます、どこかのおじさんの話によると昔はすぐ噴出していたそうです。

大満足の今回の日帰りドライブルートは「Yahoo!ドライブ」に掲載中。

タグ:温泉 島根県
posted by ABBKBB at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | おんせん(島根県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

楊貴妃の里【山口県】

DSC00432_R.jpg 

本人の名誉のために一応報告してきますが、俵山温泉で摩羅Tシャツは買っていません。 (別に恥ずかしいものではありませんが)

さて、かの有名な「楊貴妃」は日本で亡くなり、コチラにお墓があるらしい!ということで、「摩羅観音」の次に訪れたのが「楊貴妃の里
知ることになったのは、「日本珍スポット百景」でです。

休日なのに閑散としています。 期待に胸を膨らませて墓参り(なんか変?)

DSC00439_R.jpg

これが、あの楊貴妃のお墓です。

DSC00448_R.jpg 

j実は楊貴妃ってあまり詳しくありません・・・(*´д`* )
これが本当に楊貴妃のものかどうかなんて私にはさっぱり分かりませんが、こんな場所に大そう立派なお墓なので相当身分の高い人のだとは推測できます。

DSC00457_R.jpg

ただ、こっちの方が印象深かったりして・・・(;´▽`A``

2008年10月01日

地図から消された「麻羅観音」【山口県】

地図から消された島としては、旧日本軍の毒ガス製造所のあった大久野島(広島県)が有名です。ずいぶん昔に島内の国民休暇村に職場旅行で行ったのですがタコづくしの料理がメチャうまでした。
さて麻羅観音であるが、愛車に載っけているカーナビ(Sony NV-U2)では検索できません。こんな時は、Googleマップで調べて大体の位置を登録しとけばいいのですが・・・
俵山温泉の位置はわかります。おもむろにその辺りをズームアップしてみると・・・(;゜Д゜)

bw_uploads_WS000000_R_1.jpg

無い!
あまりにエロイので、もしかしたら・・・当局の圧力で消された?

これが、かの有名な看板

DSC00408_R.jpg 

何が日本一? ”○んこ”のデカさならワシのほうが・・・(。_゜☆\ バキ!!
日本一というのは数の多さなのでしょうか?とにかく”ち○こ”がいたる所におっ勃ってます♪

DSC00413_R.jpg 

不思議なことに、いやらしい&お下劣という感じはしません。あまりの数の多さに圧倒されたからかも?はたまた、建てられた経緯がこれだからか?

DSC00412_R.jpg 

先客がおり、家族連れ。しかも小学生の女の子がいました!(だっ大丈夫?)
絵馬の代わりに”ちん○”を奉納するらしい♪

DSC00418_R.jpg 

DSC00417_R.jpg

しっかりお参りをし、次のスポットへGO!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。