2008年12月31日

多賀神社 凸凹神堂【愛媛県】

年末年始の休みにわざわざ宇和島まで行ってきました。わが故郷、愛媛が世界に誇る珍(B級)スポットといえば、ここしかありえません。

DSC01639_R.jpg

名前のとおり?性に関するありとあらゆる物が展示されています。その数なんと数万点!未成年者はもちろん入館禁止で〜す。

ちょっと高めの入館料800円(Webチケット提示で700円)を払って中に入ると・・・やった〜貸切り〜♪つうか年末に来る所じゃないのかも・・・(´ー`) 館内撮影はできません。別途2万円で可能だけど(高っ!)

3階建ての館内に、これでもかと展示されてました。

1階は陰陽石や仏像や陶器など日本関係がてんこ盛り 2階はインド、チベット、ヨーロッパの絵や像など日本以外の物がてんこ盛り 3階は春画や写真など結構エロいものがてんこ盛り

天井にまで飾られてます。初心な方は目のやり場に困ります。 全てが見所ですが、必見は女性650人のアンダーヘアーのコレクションと黒騎進仙人の陽根唐紙襖破り(診断書付き)。

コレクションは2階のちょっと分かりにくい所に展示してます。腰を屈めて見ましょう。ちょっと(´Д`|||)な感じですが学術的に貴重だと思います(多分)。 黒騎進仙人のは・・・チャレンジの結果、陰茎裂傷二ヶ月の安静治療だったそうです。ちなみに仙人、広島市にお住まいのようです(驚!)。

あと、駄洒落じゃないけどグッチのダッチワイフなんかもあったり・・・

真面目な博物館なのですが、デートスポットしては決してオススメできません。二人ともこういうのがお好きなら別ですが、そうでないと変態扱い間違いなしかも・・・

DSC01636_R.jpg

神社の境内にあったチ○ポ像、台座が石臼ですが

DSC01635_R.jpg

なるほど・・・少子高齢化対策のキャッチコピーにしては如何でしょう? (Map)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。