2009年03月23日

えんや温泉 ニューウェルシティ出雲【島根県】

DSC02615_R.jpg

島根県出雲市塩冶有原町2-16/0853-23-7388
泉質   :カルシウム ナトリウム 塩化物泉(高張性弱アルカリ性温泉)
設備   :シャンプー・ボディーソープ常備/内湯、ジェットバス
料金   :大人500円/60歳以上300円/小中学生300円/3歳以上200円
営業時間 :10:00〜21:00 無休

次に訪れたのがウェルシティ島根(島根厚生年金会館)ニューウェルシティ出雲
パッと見、こ洒落たこの施設、鄙び系&シブい系が好きな方だとスルー確実なところですが、ここがかなり温泉通を唸らせるところらしいです。

DSC02596_R.jpg

入り口も現代風でいたって普通

DSC02605_R.jpg

浴室もいまどきのつくりでいたって普通
右手がジェット風呂でこの日は故障でした。問題は奥の源泉風呂・・・カルシウム-ナトリウム-塩化物泉といえばあの「温泉津温泉」と同じ成分じゃまいか?

湯船に入った途端、なんじゃ?この臭いはΣ(゚Д゚;!なんとも表現しようのない匂いです。昔の工場のような感じです。
どれどれ一口・・・もちろん飲んでません。事前のリサーチでとんでもない味だということはインプット済み。

ということで勇気を出してひと舐め、マ…マズイ…(T〜;T)
まずメチャしょっぱい、そして苦いような渋いような・・・これで朝入った「かじか荘」のお湯の味が吹き飛んでしまいました。

さらに何時までたっても後味が消えません。舌が痺れる感じです。身体の浸透圧より高い高張性弱アルカリ性温泉、つまりズッと入ってたらやがて干からびてしまうんでしょうか!?

もちろん塩素投入はされていません。たとえ塩素が入っていても、お湯の臭いの方がきつくて分りません。いかにも効きそうなお湯。あくまで想像ですが、皮膚病には効きそうな感じです。水虫なんかイチコロかもしれません。

私も、上がり湯はしない主義ですが、流石に怖くなり全身シャワーして退散です。

ココは評価が真っ二つに分かれそうな温泉ですが、私はこういう罰ゲームみたいな味の温泉も大好きです♪(マゾ?)

※ウェルシティ島根はニューウェルシティ出雲に名称が変わりました。

posted by ABBKBB at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | おんせん(島根県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。