2009年04月27日

柚木慈生温泉【山口県】

DSC02848_R.jpg

DSC02835_R.jpg

山口県山口市徳地柚木2178/0835-58-0430
泉質   :含二酸化炭素 ナトリウム カルシウム 炭酸水素塩 塩化物泉
設備   :石鹸常備/内湯のみ
料金   :大人500円/小人200円
営業時間:10:00〜20:00 毎月5・8日休

決して写真を間違えているわけではありません。

「井仁の棚田」は悪天候によりものの数分で退散!そして時刻は8時半、時間を持て余したときは温泉巡りに限ります。だた近場の入浴施設はまだ開店していないし、どうしたものかと思案した結果、やってきたのがコチラです

上の写真で、ココがかの有名な柚木慈生温泉(ゆのきじしょうおんせん)だと分った方はジモティーか温泉通ですね  m9(`・ω・´)

DSC02843_R.jpg

工事中に掘り当てた新しい温泉ですが、一級品のお湯が口コミで拡がり今では山口県でも指折りの温泉です。よってネットの情報どおり駐車場はほぼ満杯でした。もちろん浴室も激混み。ただし5、6人が入れば満杯となる狭い浴槽なので悪しからず○┓ペコ

DSC02831_R.jpg

DSC02822_R.jpg 

DSC02825_R.jpg

ココのお湯の凄さはこれの貼り紙を見たら分りますでしょ?

濁ったお湯に浸かると泡が肌にまとわりつきます。(素晴しい!)
温めのお湯なので長湯できそうですが、成分が濃いので油断すると湯当り確実かもです。私の場合、二酸化炭素で若干目が痛くなりました。

洗い場はオマケという扱いでシャワー付きのが一箇所、蛇口だけが2・3箇所と髪や身体を洗うときはちょっと気を使いますねぇ。私のときは浴槽に常時3・4人入っている状態だったので足が伸ばせなかったです。のんびり・まったりといった気分は残念ながら味わえませんでした。

今回飲泉するのをすっかり忘れれていたので、機会があれば是非再訪したいですねぇ。客層からすると平日しかも大相撲がある時期の5時から6時までが空いてると思うのですがこの分析、如何でしょう?



posted by ABBKBB at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | おんせん(山口県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。