2009年05月15日

長門湯本温泉 公衆浴場 礼湯【山口県】

DSC03151_R.jpg

山口県長門市深川湯本2264/0837-25-3041
泉質   :アルカリ性単純泉
設備   :シャンプー、ボディーソープ無し/内湯のみ
料金   :大人200円/小人100円
営業時間:9:00〜21:00(恩湯休館日の日は、恩湯の営業時間とする。) 第三火曜休

DSC03150_R.jpg
音信(おとずれ)川の鯉のぼり

一貫野の藤、元祖からくり人形水車、秋吉台、別府弁天池と足早に廻り、ちょっとお疲れ気味・・・そんなときは温泉でリフレッシュするに限ります。
やってきたのは「長門湯本温泉 公衆浴場 礼湯」、長門湯本温泉の公衆浴場といえば「恩湯」がランドマーク的存在で人気があるのですが、あちらは入浴済みだったので直ぐ近くのコチラをチョイス♪

やった貸切ヽ(´ー`)ノ

DSC03156_R.jpg

ロッカー(100円)はノーリターンですので、その分節約できました。(セコい?)
こっちの方が恩湯より創業は古いのですが、リニューアルされご覧のとおり小奇麗な浴室です。洗い場も仕切り付き。決して恩湯が汚いわけではありませんが、ちょっと抵抗がある方にはコチラのほうがオススメかも。恩湯より空いていると思います。

コチラの浴槽も深めです。小さなお子さんと一緒に入るときは気をつけましょう。

お湯のヌルツル感は強くありません。これはちょっと意外でした。恩湯のとは違うのかな?まぁのんびりマッタリ出来たので大満足です。200円だし(やっぱセコい)

恩湯、礼湯のどちらに入るべきかというと、お湯の質、情緒で恩湯の方が一枚上なので、素直に恩湯をオススメしときます。



posted by ABBKBB at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おんせん(山口県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。