2010年01月12日

楊貴妃に続き世界3大美人の墓がまたしても山口に!?小野小町の墓【山口県】

20100111114356IMGP0196.jpg

珍スポット分野の一つ、墓シリーズ。今回は世界3大美人の一人。小野小町の墓を訪れます♪
楊貴妃に続き小野小町の墓まであるとは・・・山口県恐るべしΣ(゚Д゚;!!

とりあえず温泉街から川棚の大クスを目指し、その分かれ道をスルーして更に北上すると上の↑看板が現れます。

まずは虚無僧の墓。(由来はコチラ
頭の病気にご利益があるそうで立派なお堂に大事に祭られてます。私、年々忘れっぽくなってるので少し良くなるでしょうか?

20100111114356IMGP0209.jpg

20100111114356IMGP0197.jpg

さて虚無僧の墓から離れること3〜40m。これが絶世の美女小野小町の墓・・・面玉ひん剥いてとくとご覧アレ!

20100111114356IMGP0200.jpg

キティーちゃん(*´∀`*)
由来は以下参考。嗚呼美人も大変なんですね・・・。・゚・(ノд`)・゚・。

絶世の美女であった小町は小野一族の文才の血筋を受け若いころから和歌の世界で活躍した。しかし男たちの視線を一身に集めた麗しの歌人も、歳月と共に色あせて来た。
もともと自尊心の強かった小町には耐えられないことだった。老いさらばえた姿を京の都にさらせまいと、小町は京を捨て全国を転々と流浪した。流浪を重ねた末、小町は川棚に着いた。村人はみんな親切で温かかった。
しかし小町の心はすぐれず、愛用の銅鏡を片時も離さず、日ごとに失われていく美貌に無常を感じながら、晩年をひっそりと暮らしこの地に果てたと伝えられている。
墓は晩年を物語るようにひっそりとした岩陰に小さな岩の社でぽつんと建てられ哀れさを感じさせる。
出典:豊浦町 名所史蹟と由来集

ちなみにちょっと怪しい楊貴妃の墓(長門市)はこんな感じ

DSC00448_R.jpg

雰囲気的に信憑性がありそうな、3大美人じゃないけど静御前の墓(阿東町)はこんな感じ

tm_DSC02866_R.jpg

楊貴妃の後、静御前の前の時代の人のお墓にしては形がちょっと違うような気がしています。小野小町の墓は全国に何箇所もあるので、ここが本物かどうか・・・信じるか信じないかはアナタ次第  m9( ̄ー ̄)
なお光市にも墓があるので今度行ってみようっと♪つうか何ゆえ山口県に2箇所も!?探せばもしかしたらクレオパトラのもあるのでは!?

20100111114624IMGP0206.jpg

花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせし間に  



この記事へのコメント
徳佐の静御前の墓に去年行った日の事を
思い出しました。静御前の碑と看板があるお宅の横の桜が綺麗でした。徳佐の枝垂桜の咲くころまた行ってみたいですね。
SLも見えますね。ちょっと欲張りかな。
Posted by お城めぐり at 2010年01月12日 22:04
>お城めぐりさん
こんばんは コメントありがとうございます○┓ペコ
枝垂桜があるのですね!広島と時期がずれるなら行ってみたいですね〜
情報THXです♪
Posted by ABBKBB at 2010年01月12日 22:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。