2010年05月06日

東洋のマチュピチュ!? マイントピア別子東平ゾーン【愛媛県】

帰省中は上げ膳据え膳&ダラダラ過ごし体重増加で広島へ戻るパターンの繰り返し。。。今回は心機一転!気になってた所を巡ってみました♪

5月2日は、実家(今治市)から東へ・・・新居浜市のマイントピア別子(べっし)東平(とうなる)ゾーンへ出撃です(>Д<)ゝ”ラジャー!!
訪れるのは2度目、最初は十数年前、両親と行ってます。道の駅マイントピア別子はしょぼくてガッカリ、そこから10kmほど走ったところにある東平ゾーンは道が狭かったこと以外、何にも覚えてません。
二度と行くことはないだろうと思ってたのですが、「東洋のマチュピチュ」と称して売り出したところ、人気スポットに変貌Σ(゚Д゚;エーッ!!?軍艦島なんかが脚光を浴びているのと同じ現象ですね。

昭和48年に閉山となった別子銅山の産業遺産が標高750メートルの山中に残ってます。

20100505K20D8081.jpg

狭い山道を登ると到着です。GW中ということもあって大盛況。臨時駐車場にやっと停められました。初めて行った十数年前は数人居たかどうかの状態だったのに・・・

20100505K20D8102.jpg

選鉱場跡を上からパチリ・・・マチュピチュに似ているような似てないような(^^;

20100505K20D8068.jpg

20100505K20D8074.jpg

下にある索道停車場跡から見上げるためにインクライン(傾斜面を走る軌道)跡に作られた階段を220段降りました。戻るには当然階段を登らなければなりません(´Д`|||)

20100505K20D8082.jpg

登山道を1キロほど歩いたところにある変電所跡。レンガ造りの廃墟です。

20100505K20D8107.jpg

20100505K20D8114.jpg

遥か下に新居浜の市街地が見えます。こんな山奥にかつて1万人以上も暮らしていたなんてちょっと想像できませんデス。

20100505K20D8105.jpg

(2010年5月2日)



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。