2011年10月27日

更新停止のお知らせ

10月20日(木)のことですが、父(74歳)が死去いたしました。
今年は自分の身体のことでいろいろあり、悪いことはもうないだろうと思ってたのに最悪の出来事が起ることに。。。
9月中旬に会った時はピンピンしてましたが、その一ヵ月後大動脈瘤破裂によりあっけなく他界

家族に迷惑をかけたくないから、ポックリ死にたいなんて話をお年寄りからよく聞きますし、そういう願掛けができるお寺もあります。でも実際ポックリ逝かれると、心の準備が全くできていない家族のショックは大きいものです。特に父が亡くなっているのを見つけ、私が戻るまで病院や警察(自宅で亡くなると検証有)などの対応をした母のことを想うと辛いです。

誠に勝手ながら四十九日の法要を終えるまで、更新をお休みさせていただきます。ただ家族の中で一番アクティブだったのは父でして、その血を継いでますし、四十九日まで全く出かけられない状態ではありませんから、我慢できないかもしれません。
今後実家には母一人になりましたので、ちょくちょく愛媛に戻る予定です。もし時間があれば愛媛の綺麗な景色を撮ってみたい思います。

さて、これまでお葬式には何回も参列してますが、いざ自分が開く番になると知らないことばかりで、今回貴重な経験をさせてもらいました。
いつかはやる事になるとは分かっていても、まさかこんな早く突然とは想像もしていなかったので、事前の知識はゼロ。親戚に聞けばある程度は教えてくれますが、詳しい所までは親戚とはいえ聞きづらいもの・・・お葬式の段取りってどうすればいいの?お幾らかかるの?
ABBKBB家(私が喪主)の場合を覚えているかぎり披露します。縁起でもないとお思いでしょうが、遅かれ早かれもう一回ありますし、自分にとっての備忘録でもあります。
私の会社は実父、実母が亡くなると1週間の忌引きを頂けます。長期休みですがとにかく忙しかった・・・余裕が出たのは広島に戻る最終日だけでした。

10月21日(金)

 8:30 自治会の役員さんへ葬儀の受付を依頼

 9:00 葬儀の打ち合わせ(自宅)
  通夜は実家で、葬儀は近所の会館で行ってます。葬儀会社との打ち合わせ項目は多岐に渡り、亡くなってから然程時間が経ってない中でとんとんっと決めなければなりません。
   ・写真
    モノクロかカラーにするか、背広を着せるか着せないかを選択
    カラーで背広を選択しましたが、あとで考えたら親父の背広姿って冠婚葬祭以外で見たこと無かったような・・・
       ・祭壇の花のグレード
    数万〜30万まで各種あり
   ・新聞のお悔やみ欄
    希望すると全紙のお悔やみ欄に掲載
   ・会葬御礼の数及び品物
    会葬御礼は50枚単位で発注、然程高くないので多めに発注
    品物(800円前後)については多く発注しても余れば葬儀会社が引き取ってくれ、出た分のみ料金請求です。
   ・霊柩車
    宮型にするか洋型にするかを決めます。ABBKBB家は流行の洋型を選択
   ・控え室の食べ物
    軽食です。親族の数により変動
   ・精進落としの料理
    初七日(会館で実施)法要の後、食べるお料理です。中間グレード(約5000円)を選択。親族の数により変動します。
   ・仏具  
    ABBKBB家主催では初の葬儀、四十九日の法要まで家に置く仏具ですが、そんなものは全く持っていません。
    レンタルと買取を希望できますが、法要のたびに使うそうなので買取を選択(約9万円)
   父はこの葬儀会社の互助会(30万円)に入会しており、月々掛け金をかけて満期になってました。これで基本的なものは賄えます。
   今回支払ったのは約60万円ほど、私と弟の職場は広島、東京と遠くて来づらいのと実家関係の参列者だけでこじんまりでした。互助会分含めて総額100万円ぐらい。なおこの打ち合わせで当日の親族代表挨拶の例文が渡されます。なお役所への死亡届けは葬儀会社が行ってくれました。

11:00 お寺との打ち合わせ(お寺)
  ・戒名の依頼
   まず聞かれたのが父の実家の戒名です。先祖と合わせるのが無難とのこと。戒名にはグレードがありグレード別で金額が大きく違います。
   ABBKBB家の父方は代々「院号」なのでそれを選択。市内のお寺で値段はだいたい統一していますが院号だと50万円なり(ビックリ)
   後は父の趣味とか、好きなものを聞かれます。ヒアリング結果から戒名に入れる文字を考えてくれます。      
  ・四十九日の法要の日取り決定
   11月下旬の土曜日でお寺で開催と決定。亡くなった日から計算すると12月になりますが、こちらでは3ヶ月に跨ぐのを避ける風習があり前倒しになりました。
   戒名代と通夜〜初七日までのお布施を合せてABBKBB家は約80万円必要でした。御代は葬儀当日式が始まる前に喪主が渡します。

16:00 葬儀の司会者との打ち合わせ(これ以降自宅)
  ・弔電
   読み上げるのは3件と決定、残りは披露する順番を当日最終打ち合わせまでに決めるよう指示有り
  ・お棺に入れる花
   式終了後お棺に花を入れますが、これを親族だけで行うか、一般弔問客も参加するか選択
  ・役割分担
   お棺を霊柩車に納める前、位牌を持つ人(喪主)、写真を持つ人(母)、骨箱を持つ人(弟)その他お棺を担ぐ人などを決めます。この3役以外に親族13人が必要です。 
   葬儀が始まる前までに決定し司会者に分担表を渡します。
   また、それぞれには通夜及び葬儀で依頼します。

18:00 通夜
  お坊さんが来たら、お茶とお茶菓子を出します。定刻開始で約30分ぐらいの式です。

20:00 夕食というか宴会
  親族で宴会状態

23:00 親族代表挨拶案作成     
  打ち合わせで頂いた例文は在り来たりで想いが伝わらないので、最初(本日はお忙しいところ・・・)と最後(最後に残された遺族・・・)の間に文章追加

10月22日(金)

11:00 納棺(自宅)
 まず女性だけで白い足袋、脚絆、手甲などの装束を着せます。なお着物は硬直により着せられないので上から掛けるだけ。
 その後、男性陣がお棺に遺体を入れます。また故人にゆかりのある物で燃やしても良いものを一緒に足元に置きます。

11:30 出棺
 葬儀会社のワンボックスにお棺を入れ、私と母はそのまま会館へ 

13:00 最終打ち合わせ、受付の方や弔問客に挨拶
 会館に着いた弔電と家に着いた弔電を見て、披露の順番を決定

13:30 お寺さん到着
 挨拶とともにお布施を渡します。 

14:00 葬儀及び出棺
 これは皆さんも参列されたことがあるでしょうから内容は割愛
 泣くまいと思ってましたが、孫(私の甥っ子小学1年生)が泣きながらお棺に花を入れてるのを見て思わず涙が・・・    

15:20 火葬場
 霊柩車(位牌(私)、写真(母)、骨箱(弟)と乗りたいというので甥っ子同乗)とマイクロバスで到着
 これも皆さん行かれたことがあるでしょうから詳しくは書きませんが、喪主が火入れのスイッチを押さなければなりません。
 スイッチには「点火」ではなく「お別れ」って書いてました。押す時はさすがに一瞬ためらいました・・・

16:50 収骨
 久しぶりの親族一同集合なのでいろいろ話すうちに終了のお知らせ
 骨壷に骨を入れるわけですが、まず喪主に骨を崩さず入れるか、崩してぎっしり入れるか選ばされます。私は前者を選択
 埋葬許可書は無くしたら大変ということで、職員の方が骨箱に同梱してくれます。

18:00 初七日法要(会館)
 親族が集まりにくいということで葬儀当日に行うのが今のトレンドです。時間は短めでした。
    
19;:00 精進落とし
 所謂食事会?

20:00 帰宅
 位牌、骨壷、写真、香典などを持って帰宅。その後葬儀会社が祭壇を組み立てに来ます。四十九日の法要までの作法のレクチャーを受けこの日はすべて終了

故人を偲びたいところですが、全員ヘロヘロで即就寝。親父スマン○┓ペコ

10月23日(日)

この日は役所、銀行はお休みのためこれらの手続きは月曜から実施

午前 
・香典及び芳名帳等の整理
 弟の奥さん担当、実家に父が使ってたPCと多機能プリンタがあったので、整理が楽でした♪
 香典返しの注文に使うため、エクセルで管理します。

・通帳及びカード等の捜索
 両親の通帳及びカード、印鑑を捜索
 両親は年金受給者のため証書、手帳等遺族年金支給手続きのため必要になりそうな物を整理

・翌日の作戦会議
 役所&銀行の複雑な手続きを母親(70歳)が行うのはとても無理。私と弟の役割です。
 弟がペーパードライバーなため自転車で行ける範囲が弟担当、残りは私担当となりました。

午後
・仏壇及び位牌購入
お寺で紹介された2件の仏壇屋さんから一軒を選択し突入。宗派で仏壇が違うって初めて知りました。(^^;
ABBKBB家の宗派を伝え、色々見て使い勝手がよさそうなのに決定。
金箔を使った煌びやかな仏壇は別の宗派で一番高いのは1200万円もします。ABBKBB家の宗派はおとなしめ。。。馬鹿デカイのは家に置けないということでごく普通サイズ(30万円)を選択。家具と考えれば高価ですが、仏壇と考えれば想像よりはるかに安くて、こんなので良いんだろうか?と思ったほどです。
あわせて黒塗りの位牌(3万円)も購入。幾つか出してもらい、デザインからこれというのを決定。なお、位牌に彫る戒名を正確に伝えるために白木の位牌を持参すれば良いとお寺さんに教えてもらいましたが、壊れては大変ということでデジカメで撮った写真を見せてます。

終日

・ギフト屋、仏壇屋さん対応
 新聞のお悔やみ欄に掲載したせいか、何件もカタログを持ってきます。 大きな町ではないのにこんなにあるの〜?ってぐらい来ます(´Д`|||)  

怒涛の役所、銀行手続き編は喪明けにでもご披露です。



posted by ABBKBB at 21:25| つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。