2014年08月23日

広島土砂災害

JR可部線で緑井駅まで行き、それから徒歩で現地入り。もっとも被害の大きかった県営住宅近くまで行ってみましたが、想像を絶する酷さでした。言葉になりません。

(2014年8月23日)

posted by ABBKBB at 23:30| Comment(20) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ABBさん、こんばんは!

本当に言葉が出ません…。
まるで、東北の震災の続きのようです。
亡くなられた方のご冥福をお祈りし、ご不明の方が早く見つかりますように、
また、今後の早い復興を祈るばかりです。
Posted by ruka at 2014年08月24日 00:20
似非報道カメラマンごっこですか?
ご自分なりの正義感溢れるポリシーを持っての撮影とは思いますが、興味本位(としか思えません)でカメラを構えているすぐ横には、命がけで救助する方達、肉親の生死に直面している方達、また二次災害に戦々恐々としている、またご自分が被害者となりうることも0%じゃない所での撮影をする神経は全く理解不能です。

カメラを提げて行くだけの体力をお持ちならば、スコップ一杯の土でも掘り起こし、また土のう1袋でも詰めるのが望ましいのでは?

参考までに……

http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=7288332/

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1459809599
Posted by ひとこと at 2014年08月24日 14:09
>rukaさん
実際にこの光景を見た時は唖然としてしまいました。
面識はなかったのですが、私の会社の社員が一名亡くなり、その奥様も行方不明のままです。無事であってほしいのですが・・・
Posted by ABBKBB at 2014年08月24日 18:02
>ひとことさん
コメントありがとうございます○┓ペコ

何故撮るに至ったかを記述してませんから、ひとことさんのような方から誹謗中傷のコメントを頂くだろうと予想していました。
理解不能だとおっしゃられるのも良く分かります。アマチュアカメラマンが撮るべきものじゃないということも重々承知しています。

実は被災者である友人(悪友)からの依頼により撮っています。この日は、友人のお見舞い後、ボランティア参加だったので、作業の邪魔になるカメラを持参するつもりは毛頭なかったのですが、事前に電話したところ、今後のために災害の様子を撮って欲しい。報道の写真は著作権がなんだかんだとうるさい。報道ほどのクオリティはないが、お前のなら友達の好でもちろんフリーだよな♪とのこと・・・
そんなことより土嚢積んだほうが役に立つじゃないか?と反論しましたが、それはもちろんありがたいが、そういった作業ができる人はたくさん居る。第一お前の体力じゃ期待薄だ。一方被害の様子を記録に残そうとする人は少ない。俺には腕がない。地元の者には荷が重いので頼めないし、それどころじゃない。これも立派なボランティアじゃ〜〜!そういえば先々週夕飯おごったよな♪と主張する彼の迫力に負けました。

正義感や興味本位なんてこれっぽっちもございません。こっちも死にたくないので、一体なんちゅう友達やねん!でしたが、天候が安定していたせいか、立ち入り禁止区域外には家財道具などを運び出す人や、学者、見物人が結構居たり、少し下ると子供が倒木の上で遊んでるのを見たせいか、不思議と恐怖心は無かったです。

カメラ持って動くほうが遥かに楽でした。土嚢積みに精を出しすぎたせいか腰をやっちゃったので、本日は雑用係とあいなりました。全くもって役立たずです。
Posted by ABBKBB at 2014年08月24日 18:07
お疲れ

嫌な思いをさせたようで、すまんかったな

スマフォのとは流石にレベルが違うな

落ち着いたら、一杯奢るんでよろしくw
Posted by 悪友 at 2014年08月24日 20:20
私もひとことさんと同じく理解不能です。
まだ沢山の行方不明者がいらっしゃるというのに。
レンズを向けた先を想像することくらいできますよね。

親友の方に写真データを差し上げるだけではいけなかったのでしょうか。
ここにアップするのは親友の方の希望なのですか。
おごったとか、おごられたとかそういうレベルの話ではないと思います。

重々承知しているのであれば、ご自分のポリシーを貫いて欲しかったです。
Posted by koh at 2014年08月24日 20:53
>悪友
そっちもお疲れ&了解をもらったとはいえ最終的には俺の判断なんで気にすんな〜○┓ペコ

長期戦になるだろうからくれぐれも気を付けてな、それからお袋さんと奥さんによろしく。
Posted by ABBKBB at 2014年08月24日 21:16
超お久しぶりにコメントさせていただきます。
実は陰ながら「ABB-KBB-DIARY」をマイパソコンのフェイバリットに登録し毎回拝見させていただきABB-KBBさんの写真に勉強、そして時には驚愕している次第です。
いつも素敵な写真をありがとうございます。
とても技術的にも感性もABB-KBBには遠く及ばない小生であります。
ところで、
小生も昨年東北一周一人旅を愛車の車中泊で行ってきました。
東北震災後、直ぐにでも行き自分の目で見てカメラに収めたいと思いました。
その旨をボランティアとして東北に二度訪れた看護師である我が長女に話すと、
そんな不謹慎なことはダメだよ!
と言われ、やっぱそうだよなぁ〜と諦めていました。
ところがブログの仲間である東北仙台の方に、
「今の東北は沢山の人に来ていただきたい、
そして一部の仮設住宅や女性・老人・子供達に許可無しで撮影する以外は写真も撮ってください。
それにより沢山の人に東北の現状を知って欲しい。
そしていやらしい話かもしれませんが、
東北を訪れてその地で食事したり、宿泊したりとお金を使っていただくこともありがたいことです。」
要約するとこの様なコメントを頂きました。
そして昨年十月に茨城、宮城、岩手とカメラに収めた次第です。
とてもABB-KBBさんのお写真には遠く及びませんが、福島の現状を目の当たりにして知らず知らずのうちに慟哭している自分がいました。
今でも行って良かったと思っています。
確かにその辺りの解釈は千差万別で色んな意見があると思います。
難しいですね。
でも、友人(悪友?)からお願いされボランティアとして行かれたのですから自信を持って下さい。
小生も先月やっとデジブックに
「追憶・東北一周〜初編」
http://www.digibook.net/d/dc45a717809f8204e7efc83128b02b5b/?viewerMode=fullWindow
として編集しアップしました。
でも、やはり最後には被災者の方々から苦情が寄せられたら削除しますと断った次第です。
あ、勘違いしないで下さいね。
自分のデジブックの宣伝ではありませんので悪しからず。
これからも素晴らしいお写真をアップしてお見せ下さいますよう宜しくお願いします。
              
                オズマ
Posted by オズマ at 2014年08月24日 21:28
>kohさん
広島市は平成11年の豪雨災害で死者30人以上出してるのに、何故こうなった?
報道の写真なんて何年かすれば自由に見られなくなるよな。
お前のなら自ら消さない限り残り続けるだろ?
見たくないっていう気持ちも分かるが、避けちゃいかんよな〜
一番怖いのは記憶ってのは、どんどん薄れていくよな。特に当事者以外は・・・

このやり取りと、数駅先は大変なことになってるのに、帰りの電車のあまりの普通さを見て決心しました。
理解不能だ不謹慎だと言われようが、消すことはしません。
ただ彼の希望通りだとあまりに生々しすぎるので、話し合いの結果これらを掲載しています。ご了承ください○┓ペコ
Posted by ABBKBB at 2014年08月24日 23:33
>オズマさん
コメントありがとうございます○┓ペコ
起きたばかりでまだまだこれからですが、いろいろ経験させて頂きました。人生観が少し変わってます。
掲載について最終判断は私に委ねられてます。彼との会話はもちろんですが、多くの死者・行方不明者が出てるのに、被災者は不便な生活をされているのに、我が家から僅か数キロ先の出来事なのに、ボランティアの皆さんはあんなに頑張っているのに、職場のある市内中心部は災害以降もいつもと変わらない賑わい。帰りの電車は何事も無かったような雰囲気。
写真をチェックしているうちに、一体なんなんだ!と怒りのメーターが振り切れてしまいました。

すいません。落ち着いたらじっくりデジブックを拝見させていただきます○┓ペコ
Posted by ABBKBB at 2014年08月25日 01:10
超お久しぶりなコメントで大変失礼します。
いつも貴殿の美しい写真を拝見させてもらっております。
確かに賛否両論ある写真ですね。
特に今回の様なドキュメンタリーに分類される写真はアマチュア・プロに限らずこういうことはつきものです。


何故、この写真を掲載したのか・・・。
理解不能と思わずに、もっと考えれる余地があるのは、俺も長い事写真の世界にはまり込んでいたからでしょうか?
昨今流行の氷水を被ってアピールするやり方を見るよりは考えさせられましたが。


何故、この写真を撮影したのか?
ただただ廃墟になった異空間を遊び半分で撮影したかったのか?

ただただそこにある事実を記録したかったのか?
それはテレビニュースで流れる映像だけではだめだったのか?
本当の姿(違う視点)はどんなものか?
レンズを向けた先に何があるのか?
この地に対して撮影者は何か想い入れがあるのか?
事実を目の当たりにして撮影者本人が、これを見た他人が何を思い、何ができるのか考えるのか?
これを見た当事者はどう感じるのか?


俺はこの写真を見て色々とイメージしました。
恐らくABBKBBさんもいろいろと考え抜いた上での掲載でしょう。


理解不能なら考えなければいい。
不謹慎ならば近寄らなければいい。
覚悟がないならば出しゃばらなければいい。



亡くなられた方のご冥福をお祈りし、ご不明の方が早く見つかりますようにお祈り申し上げます。

Posted by DAISUKE at 2014年08月25日 01:26
度々失礼します。

簡単に思ったまま理解不能などと書き込んでいる訳ではありません。

大雨大災害を二度経験しており、一度は今回よりも犠牲者が多い大水害でした。知人も土石流で亡くしました。
私も写真の世界に何十年と関わっております。
だからこそ感じた違和感を書き込みしてしまいました。

日常と非日常を同時に見られ、怒りのメーターが切れましても落ち着いて行動していただきたいと思います。
Posted by koh at 2014年08月25日 10:11
友達に頼まれて
記憶に残したいので有れば
今の時期にupしなくてもて思うけど・・・

災害活動が落ち着いてからのupなら
意味合いも違うと思います。
Posted by ひとことB at 2014年08月25日 21:18
>DAISUKEさん
コメントありがとうございます

こういう写真の撮影や公開に対しては否が多い傾向ですね。報道(組織)なら撮る者と公開する者が異なるため何回かチェックがかかると思われるのにそっとしておきべきだと批判を受ける、ましてやアマチュア(個人)だと、チェック機能が無いので、たとえ撮る・公開する理由があっても炎上するんでしょうね。

写真をやってきてこんなに気が重い撮影は初めてでした。何時もは、ああすりゃよかったこうすりゃよかったと思うのですが、さすがに今回は、二度とあって欲しくないので考えないようにしています。
Posted by ABBKBB at 2014年08月26日 22:39
>kohさん
ありがとうございます○┓ペコ
気持ちは落ち着きましたが、思いは変わっていません。
kohさんが水を選択したなら、私は油です。
Posted by ABBKBB at 2014年08月26日 22:49
>ひとことBさん
コメントありがとうございます○┓ペコ
そういう考えもありますね。
今回はブチ切れたので選択の余地なしでした。
Posted by ABBKBB at 2014年08月26日 22:55
こういう写真ってみんな遠慮して気がつけば誰も撮ってないなんてこと良くあるんですよね。仰る通りテレビや新聞の写真は一定期間でどんどん消えてゆき「○○を振り返る特集」みたいなので勿体ぶって出てくるだけです。

このように一般の方が撮ってグーグルで検索したら日付と一緒に何時でも出てくる写真のほうが数倍価値があると思います。逆に誹謗中傷を受けるべきなのはこれを視聴率稼ぎの食い物にしている各報道機関だとおもいます。
Posted by とおりすがり at 2014年08月28日 20:22
横からごめんなさいね、
こういうのは気持ちが凹むでしょうね。

コメントのやりとりをみてたんですが
自分のことのように気分が痛みました。

Ryanは思うんですよ、
・写真が上手すぎるし、ちょっと凝り過ぎたかな
・あっちブラぶらのタイトルで誤解されたかな

ブログを見る人の気持ちはそれぞれ違うし、
ブログを綴る側の気持ちがそのまま伝わることは稀だと思ってます。
それだけに誤解はできるだけ少なくしなきゃと。


それでも埋められない溝はあるものです。
そういうものだと思うしかないんじゃないでしょうか。


Ryanも現地にお見舞いに行きました、声が出ませんでした。
なんにもできないけど、このショックを忘れちゃいけないという思いで
写真は撮らせてもらいました。




Posted by Ryan at 2014年09月14日 04:04
>とおりすがりさん
コメントありがとうございます&返事が遅くなり申し訳ありません○┓ペコ
あれから4週間ぐらいたちましたが、やはり過去の出来事みたいな感じになってきており、地元新聞以外は扱いも小さくなりました。。。
報道については紙面を埋めなければならない&時間を埋めなければならないので、いろいろ批判される取材内容になっちゃうんでしょうね
Posted by ABBKBB at 2014年09月15日 14:49
>Ryanさん
受け止め方は人それぞれですからしょうがないでしょう。
写真については凝ろうと思えばいくらでもできたのですが、悲惨すぎるのでモノクロして抑えてみました。
Posted by ABBKBB at 2014年09月15日 14:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。