2012年10月09日

御城山ハイツ 高井城【愛媛県】

墓参りついでにパチリ(^^;

写真には写ってませんが、右側&海近くの今治城の天守閣が復元されるまで、今治城と勘違いした人がこちらに行った?なんて話もあった。高井城・・・お城型のマンションです♪

121007K5RW8381.jpg

さてこのマンション、いつ頃からあったのか?・・・親に聞いたら私の実家が建った頃には既にあったとのことなので築40年は経ってるのでは?

物心ついた頃からあったし、いつも見る風景なので珍スポットなのに違和感なし!慣れって恐ろしいものです○┓ペコ

(2012年10月7日)

2010年05月13日

石手寺【愛媛県】(珍スポット探訪編)

国宝、重文な建物がある一級スポット石手寺、珍スポットとしても一級です。

20100511K20D8538.jpg

それは片隅にあるこちらを潜り抜けて突入します。その名も「地底マントラ」

20100511K20D8491.jpg

入り口にある仏像?帽子をかぶったモアイ!?

20100511K20D8543.jpg

この手の洞窟は、瀬戸田の西日光 耕三寺にもあります。あちらは手が込んでて立派なのですが・・・

20100511K20D8492.jpg

(´Д`|||)

20100511K20D8502.jpg

20100511K20D8495.jpg

ほんの少し照明が点いてましたがほぼ真っ暗です(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

20100511K20D8501.jpg

洞窟内はこんな感じ。お地蔵様を境にして片側通行となってます♪

20100511K20D8499.jpg

洞窟は二股に分かれており、一方の出口は落書きし放題の「らくがき堂」へ もう一方はこんな所へ・・・前は道路。一体どこやねんココ?な感じです。

20100511K20D8539.jpg

これだけでも充分満足なのですが、さてこれからが本番♪

空き地なのか敷地なのか判別不能な所に仏像郡

20100511K20D8537.jpg

20100511K20D8540.jpg

廃墟〜ギャラリーだったみたいで絵画がいくつも飾られたままです。かなり不気味

20100511K20D8532.jpg

でその傍には極彩色な仏像。木が邪魔して顔がようわからん(^^;

20100511K20D8530.jpg

幼稚園の壁も極彩色

20100511K20D8529.jpg

閻魔様が鎮座する門、看板はなぜか英語です。ただし判読不能

20100511K20D8509.jpg

野ざらし雨ざらしで崩壊寸前

20100512K20D8511.jpg

マントラ塔に到着です。

20100511K20D8528.jpg

まだまだあるよ仏像

20100511K20D8513.jpg

意味不明なオブジェ。なぜかビー玉がいっぱい

20100511K20D8514.jpg

20100511K20D8515.jpg

塔の内部はこんな感じ、五百羅漢の木像ですがどう見ても倉庫にしか思えない内部です。でも

20100511K20D8526.jpg

上を見上げると立派なシャンデリア?

20100511K20D8527.jpg

ワンダーランドというかカオスな世界を堪能しました。お疲れ様〜○┓ペコ

20100511K20D8535.jpg

(2010年5月4日)

2010年05月10日

渦潮電機(BEMAC) みらい工場【愛媛県】

三大桜、三大珍味・・・代表する物や場所の例えで「三大」という表現がよく使われます。 今治市の三大珍スポットといえば、今治城と間違う人も多い城型マンション「城山ハイツ」、ホントに宮殿で作ってる「日本食研 KO宮殿工場」、残る一つは、う〜ん日本最小の在来馬、野間馬と触れ合える「のまうまハイランド」かな〜でした。でもそちらは珍スポットというよりか、ほのぼのスポット。インパクトも不足気味でした・・・

その「のまうまハイランド」のお隣に建設中だった船舶関連の企業、渦潮電機の新工場が完成していたので早速見に行ってきました。実家から近いので自転車でです(´ー`)

その名も「みらい工場」 何かに似ていると思いませんか?

ウルトラセブンのウルトラホーク1号?スターウォーズのスターデストロイヤー?

20100509K20D8379.jpg

20100509K20D8376.jpg

20100509K20D8377.jpg

20100509K20D8373.jpg

かっちょえ〜!この不景気な折にどう見ても非効率そうな形の工場を建てるなんて渦潮電機はエライ!

20100509K20D8375.jpg

(2010年5月4日)

2010年05月08日

耕して天に至る 遊子水荷浦の段畑【愛媛県】

愛媛県の南予といえば、真珠にリアス式海岸に段々畑etc。小学校の社会科で習ってます。幾つか棚田を見てたので段々畑も同じようなものだろうということで、5月3日のドライブのメインは「石垣の里 外泊」でした。で、こちらはオマケ・・・ところがいざ目の当たりにすると凄い光景に絶句Σ(゚Д゚;!!

20100507K20D8272[1].jpg

遊子水荷浦(ゆすみずかうら)の段畑(だんばた)です。国から重要文化的景観に指定されてます♪重要文化的景観があるなんてココに来るまで全然知りませんでした。
「段々畑」じゃなくて「段畑」って言うんですね。。。ランバダを思い出したのはいうまでもありません。(^^;

20100507K20D8254.jpg

駐車場に停め上を見上げると・・・(´Д`|||) また登るのね。登りますとも・・・(>Д<)ゝ”ラジャー!!

20100507K20D8252[1].jpg

遠くからバチリ。昔はこんな光景がいたるところにあったそうですが、これほどの規模のものが残っているのは今はコチラだけだそうです。

20100507K20D8318[1].jpg

端境期のため作物は植えられておらず。段畑の様子が良く分かります。造形美の極みですヽ(´ー`)ノ

20100507IMGP3726[1].jpg

農作業の様子・・・こひらは呑気に見てましたが(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル ものです。。。
ピラミッドを想像させます。マイントピア別子東平ゾーンが東洋のマチュピチュならこちらは「東洋のテオティワカン」!?

20100507IMGP3762[1].jpg

20100507K20D8266[1].jpg

20100507K20D8277[1].jpg

ここも登るのは楽勝なのですが、下りは強烈。。。一歩間違えば下まで転げ落ちるので、這って下りたい気分になります。

20100507K20D8295[1].jpg

マイントピア別子東平ゾーン石垣の里 外泊、そして遊子水荷浦の段畑、いずれも「自然と人間の対決」を感じさせるものでした。

(2010年5月3日)

2010年05月07日

石垣の里 外泊【愛媛県】

前日はマイントピア別子東平ゾーンの産業遺跡めぐりで山の中を登ったり下ったり。。。足がパンパンだったのに、翌日は「石垣の里 外泊(そとどまり)」に参上です!
場所は愛南(あいなん)町。もうちょっと先は高知県。実家(今治市)から約190kmと凄く遠く、広島に住むまでは一度も行ったことがありませんでした。4人が乗車した昔の軽自動車で山越えは無謀だから・・・orz でも今では近くまで高速道路と自動車専用道ができており、3時間半ぐらいで到着です♪

噂には聞いてましたが見事な石垣郡です〜ヽ(´ー`)ノ

20100505IMGP3698[1].jpg

20100505K20D8225.jpg

20100505IMGP3696[1].jpg

季節柄鯉のぼりが飾られてました。

20100505K20D8181[1].jpg

なぜか私に向かってポーズをとり続ける地元の女の子。ご要望にお応えしてパチリです(^^;

20100505IMGP3689[1].jpg

何処を向いても石また石・・・

20100505K20D8188[1].jpg

コレ↓が集落の中で最も立派で美しいといわれる「七蔵垣」。七蔵さんが17歳の時に築いたものだそうです。

20100505K20D8194[1].jpg

集落内の道はこんな感じの石畳の階段などで構成。車が通れるところは一切ありません。歩いて移動するしかなくバリアフリーなところは皆無。。。よって高齢化した今では下の写真のように空き地も多く見られますが、2枚目の写真を見ると分かるように、家が結構新しいです。これにはちょっとビックリ!

20100505K20D8178[1].jpg

でも昔はこのような↓石畳の道でした。雨が降ったら間違いなく滑りそう。

20100505IMGP3695[1].jpg

1〜3枚目の写真は上の石畳の道の先、段々畑内にあるとっても急な階段から撮ってます。登るのは楽勝ですが一段あたりの幅が30cmあるかないかなので、降りるのにメチャ苦労(´Д`|||)

20100505IMGP3703[1].jpg

(2010年5月3日)

2010年05月06日

東洋のマチュピチュ!? マイントピア別子東平ゾーン【愛媛県】

帰省中は上げ膳据え膳&ダラダラ過ごし体重増加で広島へ戻るパターンの繰り返し。。。今回は心機一転!気になってた所を巡ってみました♪

5月2日は、実家(今治市)から東へ・・・新居浜市のマイントピア別子(べっし)東平(とうなる)ゾーンへ出撃です(>Д<)ゝ”ラジャー!!
訪れるのは2度目、最初は十数年前、両親と行ってます。道の駅マイントピア別子はしょぼくてガッカリ、そこから10kmほど走ったところにある東平ゾーンは道が狭かったこと以外、何にも覚えてません。
二度と行くことはないだろうと思ってたのですが、「東洋のマチュピチュ」と称して売り出したところ、人気スポットに変貌Σ(゚Д゚;エーッ!!?軍艦島なんかが脚光を浴びているのと同じ現象ですね。

昭和48年に閉山となった別子銅山の産業遺産が標高750メートルの山中に残ってます。

20100505K20D8081.jpg

狭い山道を登ると到着です。GW中ということもあって大盛況。臨時駐車場にやっと停められました。初めて行った十数年前は数人居たかどうかの状態だったのに・・・

20100505K20D8102.jpg

選鉱場跡を上からパチリ・・・マチュピチュに似ているような似てないような(^^;

20100505K20D8068.jpg

20100505K20D8074.jpg

下にある索道停車場跡から見上げるためにインクライン(傾斜面を走る軌道)跡に作られた階段を220段降りました。戻るには当然階段を登らなければなりません(´Д`|||)

20100505K20D8082.jpg

登山道を1キロほど歩いたところにある変電所跡。レンガ造りの廃墟です。

20100505K20D8107.jpg

20100505K20D8114.jpg

遥か下に新居浜の市街地が見えます。こんな山奥にかつて1万人以上も暮らしていたなんてちょっと想像できませんデス。

20100505K20D8105.jpg

(2010年5月2日)

2009年08月25日

タオル美術館ICHIHIRO【愛媛県】

今治といえばタオルが有名。最近IMABARIブランドなる高級タオルがテレビなどマスコミでちょくちょく取り上げられているそうです。
ということ?で「タオル美術館ICHIHIRO」へ突撃してみました。タオルがメインの美術館なんて無いでしょうから、もちろん珍スポット扱いです○┓ペコ

建物の大部分はタオルがらみのショップや愛媛の特産品などを扱う規模のでかいお土産屋って感じですが、建物上階には美術館(一部有料ゾーン)がありました。

IMGP6241.jpg

IMGP6239.jpg

IMGP6238.jpg

タオルが作られる様子を見ることが出来ます。工場なのですが萌えません(^^;
よくよく思うと常設展示の「竹久夢二」ってタオルと関係ないじゃん!

あと余談ですが、この美術館から少し西条市へ向かって走るとトンネルがあります。有名な心霊スポットです (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

2009年05月09日

日本食研 KO宮殿工場【愛媛県】

まずはコチラのCMをご覧ください

初めて見た時、とっても疑わしかったのですが・・・

DSC03049_R.jpg

ホンとに宮殿で作ってます♪

愛媛でも一二を争う有名珍スポットの「日本食研 KO宮殿工場」。宇和島の「多賀神社 凸凹神堂」がマニア向け?珍スポットなら、今治のこちらは老若男女を問わず楽しめる珍スポットです。うれしいことに実家から車で僅か15分ヽ(´ー`)ノ

 予約&1000円で館内見学も可能ですが、今回はタイミングが悪く庭園のみの見学(無料)となりました。

制限時間はたったの10分間。急げ〜!ヘ(* - -)ノ

DSC03054_R.jpg 

でかっ!! (ファインダーに収まりきりません)

 DSC03030_R.jpg

工場入り口にはもちろんあのキャラクターがお出迎え(それにしても目つきが悪い) なぜKOというかは、この碑に小さく刻まれてました。

DSC02979_R.jpg

無駄に豪華♪

 DSC02995_R.jpg  

もちろん王様はいませんw

DSC02989_R.jpg

王様の替わりといっては何ですが、あちこちに目つきの悪い牛がいました (^^;

DSC03021_R.jpg

2009年05月08日

りんりんパークー【愛媛県】その2

今治市の有名珍スポットに行く前にドライブインで一服(=´ω`=)y─┛~~  5月3日(日)の出来事です○┓ペコ

DSC02951_R.jpg

ドライブインといえば、りんりんパークーしかないでしょう♪(詳しくは前回訪問記を参照)

GW中なので混んでました・・・お遍路ツアー客で土産物屋は大盛況

DSC02946_R.jpg

土産も良いのですが、コチラの目玉は錦鯉の餌ヤリです。 珍スポットとしては脱力系に分類?

癒されますなぁ(´ ▽`).。o♪

DSC02949_R.jpg

報告!錦鯉水族館、大うなぎの館、ミニ4駆レース場は相変わらず物置のままです○┓ペコ

2009年05月06日

萩生寺【愛媛県】

DSC02882_R.jpg

今回の帰省中も珍スポット巡りを決行♪あまり時間を割くことができず、さくっと廻ってみました。
まずは一発目、萩生寺(はぎゅうじ) 一見普通のお寺です。眼が付いていること以外は・・・

DSC02889_R.jpg

佛眼というそうです。反対側にも眼があります。地下霊場があったのですが行くの忘れちゃったorz

DSC02895_R.jpg

DSC02897_R.jpg

DSC02900_R.jpg

大師像も両面タイプ♪

さくっと見て次へレッツラゴー!・・・ハッΣ(゜ロ゜〃)

DSC02903_R.jpg

み、見てるよ〜

DSC02922_R.jpg

まだ見てるよ〜 

※ご覧の通り、道が狭いので車でお越しの際は対向車に注意(Map)

2008年12月31日

多賀神社 凸凹神堂【愛媛県】

年末年始の休みにわざわざ宇和島まで行ってきました。わが故郷、愛媛が世界に誇る珍(B級)スポットといえば、ここしかありえません。

DSC01639_R.jpg

名前のとおり?性に関するありとあらゆる物が展示されています。その数なんと数万点!未成年者はもちろん入館禁止で〜す。

ちょっと高めの入館料800円(Webチケット提示で700円)を払って中に入ると・・・やった〜貸切り〜♪つうか年末に来る所じゃないのかも・・・(´ー`) 館内撮影はできません。別途2万円で可能だけど(高っ!)

3階建ての館内に、これでもかと展示されてました。

1階は陰陽石や仏像や陶器など日本関係がてんこ盛り 2階はインド、チベット、ヨーロッパの絵や像など日本以外の物がてんこ盛り 3階は春画や写真など結構エロいものがてんこ盛り

天井にまで飾られてます。初心な方は目のやり場に困ります。 全てが見所ですが、必見は女性650人のアンダーヘアーのコレクションと黒騎進仙人の陽根唐紙襖破り(診断書付き)。

コレクションは2階のちょっと分かりにくい所に展示してます。腰を屈めて見ましょう。ちょっと(´Д`|||)な感じですが学術的に貴重だと思います(多分)。 黒騎進仙人のは・・・チャレンジの結果、陰茎裂傷二ヶ月の安静治療だったそうです。ちなみに仙人、広島市にお住まいのようです(驚!)。

あと、駄洒落じゃないけどグッチのダッチワイフなんかもあったり・・・

真面目な博物館なのですが、デートスポットしては決してオススメできません。二人ともこういうのがお好きなら別ですが、そうでないと変態扱い間違いなしかも・・・

DSC01636_R.jpg

神社の境内にあったチ○ポ像、台座が石臼ですが

DSC01635_R.jpg

なるほど・・・少子高齢化対策のキャッチコピーにしては如何でしょう? (Map)

2008年12月29日

りんりんパークー【愛媛県】

子供時分(30年以上前)、親から「唐子浜パークへ行くか?」と言われるとそれはもう大喜び♪
とっくの昔に潰れてしまいましたが・・・(゚ーÅ)

子供時分(30年以上前)、親から「りんりんパークへ行くか?」と言われるとそれはもう大喜び♪
とっくの昔に潰れて・・・

DSC01598_R.jpg

ま、まだあったー!・・・ん?「りんりんパーク」でなくて「りんりんパークー」が正解です。

単なるドライブインなのですが、庭園の錦鯉に餌をあげるのがそれはもう楽しかったのです。DSC01620_R.jpg

DSC01605_R.jpg

鯉の寿命は70年以上らしいので、この中に私が子供の頃餌をあげた鯉がいるかもしれません♪

他に様々な施設がありますが・・・

錦鯉水族館も

DSC01610_R.jpg

大うなぎの館も

DSC01613_R.jpg

ミニ4駆レース場も

DSC01614_R.jpg

全て物置・・・(´Д`|||)
レストランから丸見えなのですがダイジョウブなのでしょうか?

温泉を掘り当てたらしく隣に立派な入浴施設が建っていました。珍スポ&温泉好きな私にはたまりません・・・(´ー`)

トイレの近くになぜか足湯w

DSC01601_R.jpg

DSC01604_R.jpg

バ、バ○クリン!?・・・(*´д`* )

2008年11月23日

面河山岳博物館【愛媛県】

DSC01388_R.jpg

面河渓の入り口にある「面河山岳博物館」。観光客は皆、渓谷を見に遊歩道へ向かうのですが、私はまずコチラを訪問しました。
悲しいことに写真撮影は禁止・・・

以下拙い文章でお楽しみください。

 

おっ!
巨大ウナギのホルマリン漬けが!

あっ!
カエル、蛇のホルマリン漬けも!

おーっ!!
剥製&ジオラマ!!

おーーっ!!!
昆虫標本がいっぱい!!!

内子の「商いと暮らし博物館」が「船の科学館 羊蹄丸」のミニ版なら、こちら「面河山岳博物館」は「つやま 自然のふしぎ館」のミニ版です♪

2008年11月18日

内子座【愛媛県】

DSC01348_R.jpg

「商いと暮らし博物館」に続いて訪れたのが、「内子座」です。大正5(1916)年2月、大正天皇即位を祝い建てられました。老朽化のために取り壊しになるところを町民の熱意により復元、現在も劇場として使われています。(パンフのほぼ丸写し)

DSC01350_R.jpg 

DSC01353_R.jpg

なかなかいい感じでしょ♪

ラベル:愛媛県 内子町

2008年11月17日

商いと暮らし博物館【愛媛県】

 愛媛県喜多郡内子町は古い町並みが保存された情緒あふれるところです。こんな感じです・・・って町並みの写真を撮るのを忘れました。(´Д`;)

そんな内子にある「商いと暮らし博物館」です。明治からの薬商「佐野薬局」を町が購入、博物館として公開しており、母屋では大正10年(1921)頃の薬屋の暮らしを、当時の道具類や人形を用いて再現しています。

コチラが店先の様子。なんか人らしきものが写ってます♪

 DSC01360_R.jpg

でたマネキン!羊蹄丸の青函ワールドほどリアルではありませんがなかなかのものです。

DSC01342_R.jpg

しかもこのマネキン、羊蹄丸のと同じように見学者が近づくとしゃべります。後ろに飾られているのは薬の数々、ちなみに薬以外に当時では珍しいケチャップも売っていたそうです。

DSC01328_R.jpg

朝食の様子

DSC01336_R.jpg

左の男性はしゃべりに加えて動き付き♪

DSC01332_R.jpg

狭くて急な階段を登り二階へあがると・・・おわっ!後ろ向き((;゚Д゚)

これは、ちゃんと前から見られました♪

DSC01335_R.jpg

ちょっと悩ましげな表情ですが、実は彼・・・真相は行ってのお楽しみにしておきます○┓ペコ

この手の郷土資料館って道具だけを飾ってある所が多く、どこに行っても似たり寄ったりであまり面白くないのですが、ここ「商いと暮らし博物館」はマネキンのせいで珍、いやとっても分かりやすかったです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。